ポスターを格調高く見せたいのならパネル製作がお勧め

ポスターを格調高く見せたいのならパネル製作がお勧め

イベントなどの告知を行う際にに活躍するのがポスターです。ポスターについては、一般的には壁にはるのが一般的な掲出方法でしょう。

しかし、どうしても壁以外の場所で掲出したいという場合があるのではないでしょうか。
例えばイベント会場の入り口に置くというような場合です。また、ポスターは紙の印刷物ということもあり、どうしても強度があまりありません。

長い間掲出していると、破けてきたりして、見栄えがあまりよくありません。ポスターを見栄え良く、あまり劣化が目立たないような状態で掲出したいというようば場合もあるでしょう。

そのような時にお勧めなのがパネル製作です。パネル製作とは、ポスターが厚目のボードに貼られている状態のことです。
パネル製作をすることによって、ポスターが折れ曲がったりすることがなくなりますので、持ち運びが用意になります。
脚付きの台や、イーゼルを利用して、壁以外の場所へ展示することも可能となります。

また、パネル製作により厚みが出るということもあり、紙の印刷物独特の安いっぽい印象が軽減されることもあります。
では、パネル製作はどのように行えば良いのでしょうか。

自分でパネル製作

一つ目に挙げられるのが、自分で行うという方法です。厚目のボードは少し大きめの文房具屋さんなどで販売しています。このボードに印刷済のポスターを自分で貼るのです。この際に使用するボードは、できればボード自体にテープがついたものが良いでしょう。自分で糊をつけるとなると、ムラが出たりしてあまり綺麗にできない恐れがあります。ただ、この方法は慣れている人や器用な人限定の方法です。不慣れな人、不器用な人は専門の業者にお願いをしましょう。ネットなどで検索すると、1枚あたりの単価が出ていて相場もすぐわかります。

基本的にはサイズが大きくなるほど単価は高くなり、一度に頼む枚数が多くなるほど単価は安くなります。また、業者にパネル製作を頼むメリットとしてオプションを選ぶことができるという点が挙げられます。強度を更に増すためにラミネート加工などを行うことができます。

その他にも相談してみるといくつかオプションを提示してくれるでしょう。例えばアルミフレームをつけるなどといった提案もあるかもしれません。1枚のポスターもパネル製作の仕方によって、ぐっと拡張高く見せることができます。

ボードに貼られていて、アルミフレームがついていると、同じポスターなのに格調高く見えるのは間違いないでしょう。