写真を使って目立つ等身大と立体的なパネル

等身大パネルの製作

パネルは小さいと意味がありませんから、もし制作するとしたら、ほどよい大きさのものが求められています。ほどよい大きさといえば人間の大人サイズの等身大です。自分と同じくらいの大きさのパネルが、道端や通路の横に立っている状況は、よく見かけることがあります。大きさがあるほどイベントをやっている会場がどこかというのも、瞬時に判断ができやすくなりますし、文字を入れた時の宣伝効果がバツグンです。

パネル製作の時に、パネルを置く場所の環境がどんな様子であり、壁は何色を基調としているかなどを、事前に調べておくことは必要になってくることです。たとえば全体的に白い部屋の中で、全体的に白い印象のパネル製作をしても、背景とかぶさってしまうことで、それほど目立たないということがあるでしょう。夜間に屋外にパネルを置くという場合に、暗い場所に暗い印象のパネルを置くことになったら、多くの人が気づきにくく、パネルが見づらいということも考えられます。そうしたことを考慮して、パネル製作するときは色使いを決めて行ったほうが良いパネルができることは間違いないです。実際にパネル製作の段階では、実地調査が行われたり、色合いについて細かく話し合って作るようになっています。

平面的か立体的か

等身大パネルでも形はさまざまで、平面的なパネルにすることもあれば、立体的なパネルを制作することもできます。平面的なパネルの場合には、全体の高さと幅が同じになっていて、文字を書き入れたときに見やすいことがあります。写真を入れて文字を入れるレイアウトについても凝ったものにすることができます。
立体的なパネルにすると、なによりインパクトが大きくなるのではないでしょうか。パネル製作会社では、個人が用意した写真を拡大して、宣伝効果のたかい等身大パネルを印刷し制作することができます。人物の写真の形をそのままパネルにしてしまったり、箱型パネルにしたりということもできます。真面目な印象のイベントの時と、ちょっと派手さをアピールしても構わないイベントなどによって、パネル制作の状況を使い分けることをできます。

参考:ネットで発注できるパネル製作